WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

船津さんの筋金入りE420-5,0改SPORTS SEDAN LH

420-5,0  AMG  _DSC0550


船津さんのメルセデスです。
エンジンはV8ベースのE420から
E500のM119974  エンジンへ載せ替えです。
足廻りはE500Limited のメルセデス純正の17インチです。
そろそろ18インチへと入れ替え予定です。

ボディーカラーはデジノリラメットという、
これもメルセデスの純正色で御座います。
W210時代に追加になった特殊なボディーカラーです。
22年の月日を重ねて元気に走るE420-5,0です。






420-5,0  AMG  _DSC0559








420-5,0  AMG  _DSC0500








420-5,0  AMG  _DSC0602






420-5,0  AMG  _DSC0610








420-5,0  AMG  _DSC0457









420-5,0  AMG  _DSC0647









420-5,0  AMG  _DSC0656









420-5,0  AMG  _DSC0584




AFF1  Auto Fashion Factory Yokohama 

おかげさまで創業20年

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
 
045-591-0888 

AM:11:30~PM:21:00
木曜日 定休日



AFF3  Mechanical Tokyo 

東京の丁度ど真ん中 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
 
03-6459-0831
 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:30~PM:20:00
木曜日 定休日 




廣川氏のWDB124036 スポーツセダンの生まれ変わり。

777_DSC0495



今日はホイール編です。
今回、私が選んだホイールは
AFFオリジナルのEURO-5です。
このホイールはAFFが試行錯誤を重ねて
出来上がったホイールです。

数量限定で製造されたこのホイールですが、
新品で販売されていた10年近く前に見た
私はすごく格好良いと思いました。

テクノマグネシオのTYPE201B
(17inch)のデザインをモディファイドしています。
サイズは18inchでセンターキャップは
ポルシェキャップが装着可能とし、
ボルトホール横のアライメント用の
小さな穴を無くしたデザインです。

このことにより、走行中のデザインが
とても素晴らしくなるのです。
アルミ鍛造冷間烈開製法にて製造されていて
軽量化と強度の両方が兼ね備えたホイールです。
一度、私も装着したことがありましたので、
その素晴らしさは実感していました。
私などが当時購入したときは、
もう販売末期でしたので、
すでに私以前に購入なさった方々が
多くいらっしゃいました。

今回、私の人生で最後のW124という覚悟で
500Eを選択し、そのホイールにはどうしても
このAFFオリジナルのEURO-5を装着したいと思いました。
しかし、現在は生産終了です。
手に入れることはとても難しい状態です。
私と同じように500Eを愛している方々の中には、
このEURO-5を履かせたいと強く願う人も
多いのではないでしょうか?

どうしても欲しいと思った私は
当時の販売元であるAFF-1の加古社長に
お願いをしました。しかし、当然在庫はありません。
それでも粘りに粘って探していただき、
数ヶ月の時間を費やしてやっと程度の良い中古品を
見つけ出していただきました。
そのホイールはAFF-1にて数年前に販売されたモノです。
それをなんとか譲っていただき、
リペア&塗装をして今回装着しました。
もし、このホイールを手放しでもしたら、
もう手に入らないのだろうと思います。

思いますにAFFの加古社長はここまで
EURO-5の人気が出ると思っていたのでしょうか?
私よりも先にこのEURO-5を購入なさった方々は、
ここまで人気が出ると思って購入したのでしょうか?
そこには、人間関係というものが存在していたのだと思います。
加古社長を信じて購入したのだと思います。

先日、私のEURO-5が出来上がり
その写真を見た時には感動を覚えました。
ところがです。昨日ヤフオクを検索していましたら
このEURO-5の新品が販売されているのです。
しかも新品で・・・。
それも数セット。
本家本元のAFFにさえ在庫がないのに・・・。
唖然としました。
写真をじっくりと見ました。
これは間違いなくAFFオリジナルのEURO-5なのです。
それなのに販売元はAFFではないのです。
しかも、それが販売されていることを
AFF自身も全然知らないのです。

これはどういうことでしょうか?
商品の説明が以下のようにあります。
「ご覧頂き有難うございます。
鍛造・軽量・高精度なホイールで
有名なNEEZ EURO FIVE の出品です。
W124 500E E500にお乗りの方には
絶大な人気の商品でしたが、
約4年程前にメーカー廃盤品となっている商品です。

此方のユーロファイブは機能的な部分の改良は
一切ありません。デザイン面でボルトホール間の
アライメントホールを廃止し、
ポルシェ純正センターキャップが
取り付けられるようにしてあります。」
まさにAFFオリジナルですよと
言っているようなものです。

一つの製品を世に出すまでには、
膨大な時間と費用が掛かります。
試行錯誤を何度も繰り返します。
そして、出来上がった製品が人々の支持を受けて
購入してもらえるのか?
そんないろんなものがそこにはあるのです。
このヤフオクの製品はなんですか?
誰が売っているのでしょうか?
他人が作り上げて人気が出たから、
それを見て自分がチャッカリ販売して
儲けようとする考え方が信じられません。
そして、それをさも自分の製品であるかのように
販売するというところが気に入りません。
そんな会社はどんな会社でしょうか?

コンプライアンスというものは
無いのでしょうか?
EURO-5を純粋に求めている人々の
心を踏みにじる行為だと思います。
私はやはりAFFデザインのEURO-5は
AFFの手を通して購入したいと思います。
そうやって手に入れたものこそ
本物といえると思います。
W124は本物の車です。
本物を手に入れましょう。
手に入れるまでのプロセスも大切だと思います。


廣川 俊憲 





777_DSC0102









777_DSC0542










777_DSC0240









777_DSC0450









777_DSC0501







777_DSC0500







777_DSC0450








777_DSC0495



AFF1  Auto Fashion Factory Yokohama 

おかげさまで創業20年

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
 
045-591-0888 

AM:11:30~PM:21:00
木曜日 定休日



AFF3  Mechanical Tokyo 

東京の丁度ど真ん中 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
 
03-6459-0831
 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:30~PM:20:00
木曜日 定休日 






廣川氏が思う 124インテリアパーツに対する感想。


10367132_888794434487009_7394655669249098883_n





さてさて、
今回も、またまた私、
廣川が勝手に想う個人的なことを
長々と書いてみたいと思います。
それにしても文章添削の作業とは面白いですね。

私のスピーディーに書き連ねた即効の文章が、
適度に区切られ標準語にて整理されると、
随分と読み易い文章になるのですから驚きです。

喩えるなら、まさに今年流行りの、
自動変換装置、ゴーストライター的な存在と同じですね。
さてこの調子でバンバンと記事が、
面白いように進行出来るようでしたら、
この際ですから悪のり序でに、
メルセデス・ベンツ 一世一代の専門誌、
名車「W124」の完全徹底特集雑誌でも、
出版費用は全額個人負担で、
責任編集の流れでまるごと1冊、
広告無しで発行でもしてみようかな?
なんて本気で考えています。

トキメキの無い雑誌に飽きました。

私の個人的な正直な意見なのですが、
最近売られているような自動車雑誌は、
読むというよりは色の着いた電話帳ガイドブック、
超高級輸入車の新車に対するライターさんの、
私感インプレッション記事が多いのですが、
夢のまた夢であり天文学的な金額のクルマであり、
憧れの領域に近いスーパーカー雑誌。
これはこれで男のロマンとしての夢があるからまだ、
将来的なジャンルは良いとしても、

私のような一般市民が普通に読んで楽しい
楽しめる自動車雑誌が本当に少ないような気がします。
かつての「Special Cars」などは本当に名作中の名作でして、
雑誌会社の売り手目線ではなく、
個人オーナーとして楽しめるような、
どちらかというと購入者目線が非常に魅力的でした。
あのようなまるで聖書に近いような、
124専門雑誌のようなレアな本はもう出てこないのでしょうか?
そして現時点で発行されている雑誌の記事内容は
「この車はあそこが弱いから要注意」とか
「ここは早めに手を打つべきポイント」だとか
そういう疑心暗鬼で心配になるように煽り立てるような、
事前予備メンテナンスの修理情報ばかりの本が多くて、
正直読んでいても気持ちも暗くなるばかりで、
ワンパターンで面白くもありませんでした。

本来のクルマとして元気に走らせる事の楽しさや、
乗ることへの楽しさをキチンと伝えることよりも、
ひたすら修理メンテナンスをすることばかりに、
記事内容のテーマが置かれていて微妙な気持ちにさせられます。
外車や高級輸入車とは純粋に乗るものではなく、
ただ修理メンテナンスを日々繰り返し
故障するのがあたり前的な印象を持ちかねません。
 

こうした思考回路はネガティブに、
まるでデリケートな壊れ物を扱うような脆い高級車感や、
オンボロ外車としての出費オンリーの印象を、
読者は繰り返し読み続けて行くうちにイメージしてしまいます。

かくいうこの私も以前所有していたW124の箱形セダンE220の頃は
「今回はココを予防的に事前投資で修理しておこう」
そして「次回はココをさらなる予防的に修理してみよう」
という恐怖感によるマインドコントロールされた悪循環になっており、
E220セダンを健康的に飛ばして気持ち良く楽しんだ記憶がまったくありません。
結局、楽しむ暇もなく最終的には飽きが来て中途半端に売却処分でした。

こうなると意味不明な予備メンテナンス代は、
神経質な性格の僕にとっては余計な出費の原因でしかなく、
次のオーナーが間接的に喜んだだけなのかも知れません。
これじゃあクルマを楽しむというよりは本末転倒なお話しですね。
とまぁ愚痴に近い思い出話しのような文章が、
長々と書き続けてしまいまして本当に申し訳御座いませんでした。

さてさて前置きが非常に長くなりましたが、ここからが本題です。
今回は124のドアレバーキャッチパネルとパワースイッチパネル
(パワースイッチウッドはまだ製作中のため車輛には付いておりません)、
さらに上質なジャーマンレザーで仕上げた 本革製のドアアームレストを装着です。
写真をご覧頂けると理解して頂けると思われますが、
右側からこのパワースイッチパネルの手前の箇所までは、
純正でもそのグレードに応じたウッド素材が採用されています。
しかし、この部分まではプラスティック部パーツでありウッド素材ではありません。

正直、こういう特殊なオプションパーツを知るまでは、
それほど気にもしていませんでしたが、
存在が在ると知ると大変です。我慢出来なくなるのが性格なんです。
人間は一旦美しいモノや気に入ったパーツを見てしまうと、
どうしてもチープなプラスチック素材が気になるのです。
装着されていない状態そのものが全部イヤになってしまうのです。

このパーツはお世辞にも安くはありません。
なんと部品セットで片側合計53,000円のシロモノなんです。
ということで単純計算で両側で116,000円。
これにスイッチパネルのウッドが装着されますと、
両側セットでは55,000円。合計金額は 171,000円なんです。

道に落ちてないくらいのイイ金額なんですねぇ。
でも、職人が1つ1つ丹念にハンドメイドで、
テクニックと環境的な時間を掛けて製作してくれた逸品なのです。
そしてここの部分は結構、注目度も高く目に付くインテリアパーツなんですよね。
面倒臭いから纏めて一気に全部仕上げてしまうのも良いのですが、
まずは単品でレバーキャッチパネル(片側25,000円)だけとか、
とりあえずはパワーシートスイッチパネル(片側28,000円)だけにするとか、
もしくは指触りの良いプラのシートスイッチを天然ウッド素材に、
局部でカスタムさせるだけでも良いのかもしれません。

さらに本質的な部分、上質なるジャーマンレザー素材。
本革素材で仕上げた124ドアアームレストハンドル
169,000円(4本セット)も御座います。
まずはとりあえずではありませんが、
このパーツの装着だけでもいいですね。
クルマの運転を終えて降りる際には、
必ずしっかりと握る重要なところですし、
運転中はさり気なく造形的な部分で腕を休ませる場所でもあります。
純正ではこの部分はなんともチープな質感。
PVC石油系シンセティックレザー風のウレタン素材なのか?
なにか手触りや風合いを考えても今ひとつしっくりときませんから駄目です。

いずれにしても自分で惚れ込んだ、
これらの数多くの豊富なるパーツの種類は本当に気になります。
カタログには表示されていないパーツも含めると、
信じられないくらい相当な部品の組み合わせや、
素材マテリアルの選択種類がありますから、
それを自分のお気に入りの素材や組み合わせで取り入れて、
世界に1台だけの完全オリジナルカスタムも可能なのです。
まさに自分だけの究極なるオリジナルな世界観。
お気に入りのインテリアや納得の内装を作れば良いのです。

徐々に少しずつゆっくりと取り入れるオーナーもいらっしゃれば、
未来時間の先行投資 時間を買うという概念があります。
購入手段としての長期分割払いによるローンとしての方法。
割賦販売クレジットをマイペースな金額に合わせて組んでも良いと思います。
こうすれば予算も確保出来、ある程度のところまでは、
一気に仕上げられるという無理の無いマイペースな購入方法もあります。

私の場合は自分で言うのもなんですが、
相当に気が短い男ですから、
やるなら徹底的にやる!という熱い性格なんです。
選択方法はモチロン分割払いにて全部お願いしました。
AFFのパーツの場合、ウッドは表面プリント製法ではなく
天然ウッド素材が故に完成までに多少の待ち時間が掛かります。
寿命や耐久性の問題もありますが、
天然ゆえの絶妙なる風合いや本質を極めた深き味わいが御座います。
天然素材ですから世の中には同じものが二つとないところが魅力です。
完全な個性や本来のオリジナル性を高次元なポテンシャルまで高めてくれます。
こうしたインテリアのモディファイは定番な
ところから手を入れることも大切ですが、
ちょっとしたところに気を使うことが逆に面白いのかもしれません。


廣川 俊憲



1537812_394469857379775_1507117802294923116_o


 
WDB:124036 M119974 500
無料カウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

白文字盤のNAVITIMERシリーズを熱烈に愛しております。1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワーAFF-3 オートファッションファクトリー3号店をOPENさせて頂きました。趣味性の強いNAVITIMERシリーズを中心とした機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜  AFF-2 川崎  AFF-3 東京 AFF-4 九州 もよろしくお願い致します。加古 俊文