WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

124 AFF-1 24 Limited TCM 須田さんの場合。

500  123036 _DSC0499


Auto Fashion Factory Yokohama
2015年03月01日の 日曜日
 

須田さんのTCM  3本フルコンプリートコレクションです。
TCMのAFF-1  グリーンバージョン124をお気に入り頂き

男の纏め買いパターンを実行して下さいました。
7750の心臓部が組み込まれた逆リューズのブラックボディーは
まさにメルセデスのスポーツセダン500と同じ存在感。 
2014年の夏に全ての手続きをされ本日お持ち帰りで御座います。
機械式腕時計は初めてなんです〜!と須田さん。
本当に良いものをじっくりと時間を掛けて
手に入れられて行く須田さん特有のスタイルは変わらずです。
現物を観て写真や平面画像からは伝わらない
その存在感の良さに感動してくださいました。

白文字盤のAFF-3は愛する奥様へ
気持ち良くプレゼントらしいです。
AFF-3  SPORTS CLASSIC  01A
3針モデルのグリーンは日常の普段使用で楽しみ
クロノグラフAFF-1  SPORTS CHRONO  24は 
AFF-1  24本限定ですからまさに124の世界。
お出掛け用にコレクションとして持っておきたい
これぞまさに究極なる1本なのかも知れません。

Toshifumi  Kako    









666_DSC1795










500  123036 _DSC0457










500  123036  _DSC0523










555555_DSC1994










500  123036 _DSC0486
















10636635_747775128641515_8303949971298127782_o














10838005_749650398453988_6215409546355932773_o











555555_DSC1971











500  123036 _DSC0504











希少価値の高き憧れの名車 500E   廣川 俊憲


AMG  E500-6,0    _DSC2533


どうにもこうにも、
W124036と呼ばれる個体
特に500E(E500)は素晴らしいクルマなんだと
強く感じる時代の到来です。

生産終了
最終モデルでも既に20年も前のクルマなのに、
今だに500に出会うとその強烈なオーラを感じます。
存在感やエネルギーがまったく衰えていないのです。

遥か遠くから近ずいて来てもすぐにその存在が分かります。
W124というクルマに心を射抜かれた人間が
かならず目標とする憧れのクルマが 500Eなのです。

当時は価格という高きハードルから
標準ノーマルボディを購入して、
少なからずカスタムモディファイを
していく先には、
このW124036と呼ばれる  500の存在がありました。
124道を極めそこを目指していくと結局、
最初から500を買っておいたほうが
遥かに安上がりだったという事を意味しておりました。

しかし残念なことに500Eは
全生産台数が僅か10,400台そこそこしか無いのです。
世界中で何台の500Eが元気に道を走っているでしょうか?
そのうち何台が日本国内にあるでしょうか?
そして、そのうち何台が売買に出されているでしょうか?
ということはメルセデスの500Eは手に入りにくいクルマ、
つまり希少車になりつつあるということです。
世の中の経済の常識として需要と供給の
バランスによって価格は決まるということがあります。

では、この500Eを今 思い切って購入出来るのでしょうか?
それとも「いつかはやっぱり500Eが欲しい」と思いながら、
価格の上昇を指を咥えて見守るのでしょうか?
どんなものにもタイミングやチャンスが必ず一度は巡ってきます。
そこでそれを掴めなかった場合には、
なかなか次のチャンスは無いのかもしれません。

私は一番最初の90年式BRABUSコンプリートマシン
(SOHCエンジン)を96年に約450万円で買いませんか?
と当時友人から提示されたとき、
何とか手に入れたいと思い金策に走り回り
結果として目出度く手に入れることができました。
そこに迷いは微塵もありませんでした。
だから気持ち良く手に入れることが出来ました。
あたり前ですがものすごくイイクルマなので、
自動車に対する考え方を根底からくつがえされました。

あのときに躊躇していたら124は手に入りませんでした。
そこがあるから、私の今のW124ライフがあるのです。
W124、そしてW124036は素晴らしい車なんです。
欲しいのならグダグダと考えずに縁を信じてスグにでも買うべきでしょう。
ただし、程度の良い素性のしっかりとした500は非常に少ないです。


廣川 俊憲


 
AMG  E500-6,0  _DSC2388








11021354_427996967360397_7828262090288215163_o









img_0-11









img_5-1










10845575_428244224002338_794439049069080325_o









img_1-3
















124ワイドワゴン500仕様のリアスポイラーKITの存在感。

666666_DSC0662



W124036を500フェンダーを流用させ
ワイド化させる時に困るのがリアバンパー問題。
フロントとサイドは純正部品でW124036パーツ
500セダンの標準純正パーツが流用出来るのですが、
ワイドワゴンボディーの場合はこれまたリアは選択肢不可能な領域でした。
そしてフロントとサイドは500をそのまま使用しリアセクションは、
AMG Ver 3のエアロを仕方なく採用させていたのが現状でした。
フロントフェンダーに合わせて膨らませたリアワイドフェンダーとの、
肝心なるチリ合わせも難易度が高くて仕上がりに悩まされるポイントでもあります。

AFFではリアのカスタムフェンダーの膨らみ具合に応じて、
アジャスタブルで接合部のチリを調整出来るワイド専用リアスポイラーを開発しました。
リアハッチのクロージングサポートの両端に合わせて肉盛りも均等に調整可能です。
神経質な性格ではありませんがこうしたことの積み重ねが美しき完成度を保ちます。
バンパーモールプロテクターも完全プロテクトタイプのデザイン形状で御座います。
強度や素材耐久性も純正ウレタンバンパーの約2倍以上の頑丈さを誇ります。
軽量で丈夫くて美しい専用設計のワイド専用リアスポイラーKITの発売です。


Toshifumi  Kako  









666666_DSC0741











666666_DSC0670











666666_DSC0725










666666_DSC0623











666666_DSC0750












666666_DSC0754











10847677_929916787041440_8178644112960440469_o














WDB:124036 M119974 500
アクセスカウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文