WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

メルセデスベンツ500E。    廣川 俊憲

955    705 _DSC0421


メルセデスベンツ500E。
一般的に500Eと呼称されるのは
1991年から1995年まで製造された
W124036型のことを言います。
最新式のEクラスに当てはめるのには
若干の違和感を感じるのは私だけでしょうか?

この500Eというクルマですが、
実は最近隠れたところで熱が急騰しているようです。
それは日本にある良質な500Eを
海外の自動車業者が買い漁っているのです。
なぜ今、500Eが注目されるのか?

500Eというクルマには様々な逸話が存在します。
なかでも一番人気なのが
「ポルシェが造ったメルセデス」というものです。
この500Eの生産にはメルセデスを始め、
ポルシェ社、ヴァイザッハ研究所、
AMGが当初参加していました。
そして、最終的には全生産台数10,479台のすべてが
ポルシェ社にて製造されたようです。

このクルマの素晴らしいところは
そのコンセプトが実にわかりやすいところにある
ということではないでしょうか?
つまり「速いクルマ」を作ることを考えた場合には
中くらいの大きさのボディに大きな排気量の
エンジンを積めば、そのバランスさえ考えれば、
当然速くなります。

日本車で考えると、トヨタのマークXに
レクサスLS600のエンジンを搭載すればやはり速くなるでしょう。
最近ではより小型のエンジンにターボなどを架装して
ビッグパワーを手に入れるという考えですが、
それは燃費合戦になっている現在の自動車業界の流れなのでしょうから、
少し考え方が歪曲していると思います。
しかし、当時のメルセデスを取り巻く世界には
そんな考え方はありません。製造に当たっても、
W124やR129という原価積算方式によって造られた
クオリティの大変高いクルマがベースにありましたから、
ある意味贅沢な造りだったのです。
そんなボディやエンジンの素材を一流品のみで製造された
メルセデスはこの時代が最後であり、
現在のメルセデスでは到底叶わないほどの剛性感を持っているのです。

さて、前述のように500Eはその素晴らしさを、
呑気な日本人は発見することができずに
外国の業者にドンドン引き取られています。
外国に出て行ったが最後、
もう二度とこんな素晴らしいクルマは
手に入れることは不可能でしょう。
いままでもこのフェイスブックで書いてきましたが、
この時代のメルセデスはきちんと整備をしてあげれば、
新車に近い状態に戻るのです。
現にヤナセが中古の190Eの部品を
すべて新品の純正部品にて仕上げました。
価格もそれなりになりますが、
やはりその乗り味は新車のようだそうです。

ここで賢明な方はお分かりのように、
この時代のメルセデスは手に入れて整備をすれば、
あなたが運転する体力のなくなるまで
元気に走ってくれるということです。
W124時代のメルセデスは本当に素晴らしく、
中でも500Eというクルマはその頂点に君臨しているクルマですし、
生産台数も極端に少なくて希少車だとも言えます。

このクルマを購入しようとして友人に相談したとします。
その方が500Eに乗ったことのない人の意見は却下しましょう。
もし乗ったことのある人でもキチンと整備を施して
500E本来の走りを体感した人でなければ、
その意見は参考にはなりません。
500Eの本来の姿を体感した人はきっと口を揃えて、
こう言うでしょう。
「あのクルマが人生で最高のクルマだ」とね。
最後になりますが、500Eは本当に素晴らしいクルマです。
クルマを作るという条件の中で
すべての項目が高次元で融合しているクルマなのです。

本当にもう2度と生産されない名車です。
この先、5年後には500Eを取り巻く環境はどうなっているのでしょうか?
燃費やハイブリッド、軽量化と似たようなデザインばかりのクルマが日本には溢れて、
500Eのようなクルマ本来の素晴らしさを持つクルマは
海外の本当のクルマ好きな人達のみが所有しているのかもしれません。
今、500Eが欲しいとか気になるというのであれば、さっさと買ってください。
それがきっとあなたの先々の後悔から身を守る唯一の手段だと思います。
そして、あなたはこの500Eによってクルマを運転することの楽しさや
当時のメルセデスベンツという会社のクルマつくりの素晴らしさに
触れることができ、感動することは間違いないでしょう。



廣川 俊憲 





AMG  E500-6,0  11071105_438846576275436_7504513353096324648_o
 

金属の塊と呼ばれる物質に果たして神は宿るのか?

9999999_DSC0895



WDB124036  スポーツセダン500の蘇生

新車当時の500コンディションとやらを正しく知っている人間は、
この世の中に果たして何人くらい居るのだろう。
新車当時での乗り出し金額は約1700万円相当だったハズ!
マイカーとしてディーラーから新車で購入して思い切りアクセルを踏み込む勇気。
環境的にはファーストオーナーさん達ならイザ知らず、セカンドオーナーさん、
そしてサード&フォワードと世代は年数と共に、
距離もメカニカルコンディションもそれ相応に変化して行きます。
本当に気持ちの良い500コンディションとは何か?


Toshifumi  Kako  







メルセデスベンツ500Eというクルマについて   廣川 俊憲



955    705 _DSC0421





メルセデスベンツ500E。


一般的に500Eと呼称されるのは
1991年から1995年まで製造された
W124036型のことを言います。
最新式のEクラスに当てはめるのには
若干の違和感を感じるのは私だけでしょうか?

この500Eというクルマですが、
実は最近隠れたところで熱が急騰しているようです。
それは日本にある良質な500Eを
海外の自動車業者が買い漁っているのです。
なぜ今、500Eが注目されるのか?

500Eというクルマには様々な逸話が存在します。
なかでも一番人気なのが
「ポルシェが造ったメルセデス」というものです。
この500Eの生産にはメルセデスを始め、
ポルシェ社、ヴァイザッハ研究所、
AMGが当初参加していました。

そして、最終的には全生産台数10,479台の
すべてがポルシェ社にて製造されたようです。
このクルマの素晴らしいところは
そのコンセプトが実にわかりやすい
ところにあるということではないでしょうか?

つまり「速いクルマ」を作ることを考えた場合には
中くらいの大きさのボディに大きな排気量の
エンジンを積めば、そのバランスさえ考えれば、
当然速くなります。

日本車で考えると、
トヨタのマークXにレクサスLS600の
エンジンを搭載すればやはり速くなるでしょう。
最近ではより小型のエンジンにターボなどを架装して
ビッグパワーを手に入れるという考えですが、
それは燃費合戦になっている現在の自動車業界の
流れなのでしょうから、少し考え方が歪曲していると思います。

しかし、当時のメルセデスを取り巻く世界には
そんな考え方はありません。
製造に当たっても、W124やR129という
原価積算方式によって造られたクオリティの大変高い
クルマがベースにありましたから、
ある意味贅沢な造りだったのです。

そんなボディやエンジンの素材を
一流品のみで製造されたメルセデスは
この時代が最後であり、
現在のメルセデスでは到底叶わないほどの
剛性感を持っているのです。
 

さて、前述のように500Eはその素晴らしさを、
呑気な日本人は発見することができずに
外国の業者にドンドン引き取られています。
外国に出て行ったが最後、
もう二度とこんな素晴らしいクルマは
手に入れることは不可能でしょう。

いままでもこのブログで書いてきましたが、
この時代のメルセデスはきちんと整備をしてあげれば、
新車に近い状態に戻るのです。
現にヤナセが中古の190Eの部品を
すべて新品の純正部品にて仕上げました。
価格もそれなりになりますが、
やはりその乗り味は新車のようだそうです。

ここで賢明な方はお分かりのように、
この時代のメルセデスは手に入れて整備をすれば、
あなたが運転する体力のなくなるまで
元気に走ってくれるということです。
W124時代のメルセデスは本当に素晴らしく、
中でも500Eというクルマは
その頂点に君臨しているクルマですし、
生産台数も極端に少なくて希少車だとも言えます。
 

このクルマを購入しようとして友人に相談したとします。
その方が500Eに乗ったことのない人の意見は却下しましょう。
もし乗ったことのある人でもキチンと整備を施して
500E本来の走りを体感した人でなければ、
その意見は参考にはなりません。

500Eの本来の姿を体感した人は
きっと口を揃えて、こう言うでしょう。
「あのクルマが人生で最高のクルマだ」とね。
最後になりますが、500Eは本当に素晴らしいクルマです。
クルマを作るという条件の中ですべての項目が
高次元で融合しているクルマなのです。

本当にもう2度と生産されない名車なんです。
この先、5年後には500Eを取り巻く環境はどうなっているのでしょうか?
燃費やハイブリッド、軽量化と似たようなデザインばかりの
クルマが日本には溢れて、500Eのようなクルマ本来の素晴らしさを持つ
クルマは海外の本当のクルマ好きな人達のみが所有しているのかもしれません。

今、500Eが欲しいとか気になる
というのであれば、さっさと買っておいてください。
それがきっとあなたの先々の後悔から身を守る
唯一の手段なんだと思われます。
そして、あなたはこの500Eによって
クルマを運転することの楽しさや
当時のメルセデスベンツという会社の
クルマつくりの素晴らしさに触れることができ、
感動することは間違いないでしょう。



廣川 俊憲 


 


5555555_DSC0832
 







555555_DSC8037
 







555555_DSC7961








555555_DSC7889
 








555555_DSC8215








11021354_427996967360397_7828262090288215163_o



AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1
Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1
 
045-591-0888

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00
Thursday regular holiday



AFF3 Mechanical Tokyo

Tokyo just right in the middle

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop
Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F
 
03-6459-0831

AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00





 
WDB:124036 M119974 500
アクセスカウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • Hammer Wide Version不可能だった領域が これにより忠実なラインと完璧なるフィッティングで、 完全復活となります!
  • Hammer Wide Version不可能だった領域が これにより忠実なラインと完璧なるフィッティングで、 完全復活となります!
  • Hammer Wide Version不可能だった領域が これにより忠実なラインと完璧なるフィッティングで、 完全復活となります!
  • Hammer Wide Version不可能だった領域が これにより忠実なラインと完璧なるフィッティングで、 完全復活となります!
  • Presence of Mercedes AMG 124  Hammer Wide Version.   2018  12  04   Hammer Wide Versionプロジェクトについて!
  • Presence of Mercedes AMG 124  Hammer Wide Version.   2018  12  04   Hammer Wide Versionプロジェクトについて!
  • Presence of Mercedes AMG 124  Hammer Wide Version.   2018  12  04   Hammer Wide Versionプロジェクトについて!
  • Presence of Mercedes AMG 124  Hammer Wide Version.   2018  12  04   Hammer Wide Versionプロジェクトについて!
  • Presence of Mercedes AMG 124  Hammer Wide Version.   2018  12  04   Hammer Wide Versionプロジェクトについて!
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文