WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

2015年03月

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

耐久性と走行距離の関係について考える。廣川 俊憲

AMG  E500-6,0  11071105_438846576275436_7504513353096324648_o



耐久性と走行距離の関係について考える。

イメージと先入観の違いについて
たとえば1台のクルマを購入するときに
ある程度の走行距離は購入基準判断のひとつに
されることが多いと思いますが、
ここで国民性の違いとクルマの環境の違いについて
少し考えてみることにしました。

走行距離の判断の目安として
10万kmという区切り節目的な数字があります。
これ以下ならなんとなくイイけど
10万kmという区切りを越えちゃうと
ちょっと・・・という感じですね。

でも、124のようなかれこれ20年以上前の
スポーツ選手の場合どうなのでしょう?

10万km走行で月日20年というと
年間で約5,000km程度の走行です。

月に約400km程度の走行ならどうでしょうか。
土日が4回/月なので、
1回当たり100km。
お出かけならばそれは往復なので
片道50km相当です。
ちなみに大分市内の端から端まで走っても
軽く50kmは普通に越えます。
ということはそれ以上の距離を普通に走りますよね。

124などのドイツ車はガンガンに距離を走ることが前提の
高耐久性なるクルマなのですから、
距離は普通に伸びて当然。
逆にそれがクルマのコンディションにとっても
最高に良い保存状態の維持に繋がるのです。

ですから、10,000km〜 20,000km越/年間くらいになるでしょうか。

そうすると20年以上選手の124は
走行距離が20万km程度は適切な走行距離の範囲となります。
この10万km目安を基準にするのは国産車ベースの考え方だと思われます。
国産車の場合、製造コンセプトも企業の考え方もそこまで徹底的に走ることは
あまり考えていませんから、当然そうなるのでしょう。

でも、あなたが購入を検討している、
124のような剛性感の塊のようなドイツのクルマは
この製造段階と環境も含め全然コンセプトや考え方が違うのです。
ドイツ工業製品の本質部分、そこを深く理解しなければ、
124のような名車にはある意味乗れないのかもしれません。

本国ドイツではメルセデスの124ボディーとエンジンは、
徹底的に距離を走るタクシーに利用されることが前提でした。
ドイツのタクシーに使われるのはマニュアルミッションの
中間排気量2500cc程度のディーゼルエンジンが圧倒的に多いのですが、
124(のガソリンレシプロエンジン)は
普通に40万km~50万km〜60万kmは普通の感覚で日常で使われます。

そして、時期が来てそれを修理オーバーホールに出してから
再度日常の環境でタクシー環境として使い続けます。
その距離からまたまた次の目標、追加で40万km~50万kmを目指します。
そして、またまた再度修理フルOHをして追加で20万kmほど走ったら、
格安でリリース お金の無いこれからの若者達に車両を売却するそうなのです。
その若者もまたまた残り20万km〜40万kmを現役で使えるということらしいです。
合計平均で100万km〜124万kmくらいは当たり前の走行距離で考えておられるそうで、
そんなところがメルセデスの魅力なんだと認識しています。
距離を気にせずにいつまでも乗り続ける事が可能なんだと何かで読みました。

つまり、日本でいうところの
走行距離 20万kmくらいの距離は
この100万キロを普通に楽しめる
メルセデスの124にとっては序の口の序の口なんです。
普通に考えれば、まだ慣らし運転程度の
初歩の2万kmくらいしか使用していないという計算になります。

どうですか?124というクルマは本当に
底力の強いそして強い耐久性のある素晴らしいクルマなんです。
たしかに走行距離が数字的に短いということは
エンジン内部の燃焼時時間が少ないのですから、
各所の痛みは少ないでしょう。
でも、クルマは本来は動体保存が前提な構造なのです。
徹底的に走ることではじめて良い状態が
キープされてバランスの良さも保たれるんです。
ですから適度に走らせていたほうが
コンディションも程度も良いことが多いのです。

私の廻りのメルセデスの124やW463  GクラスG36Lは
いずれも年数に応じて適度に走ってきたクルマなのです。
果てしないほどの耐久性とポテンシャルを持った
この時代のメルセデスなのです。
個人でこれから一生乗るつもりなら、
エンジンOHついでにメーターの
カスタムモディファイも良いと思います。
0から考えて自分と走った距離を刻んで行くのも、
楽しいカーライフなのかもしれませんね。



廣川 俊憲


11046926_436274253199335_2981969296157702676_o


 

本気で惚れられるような個体と巡り会えるか? 廣川 俊憲




555555_DSC8215




最近、縁がありまして、
個性的なメルセデス・ベンツと付き合っています。
V8  M119型 5000ccエンジンを搭載したW124036  500Eと
L6  M104 ベースの3,2エンジンを
排気量3.6リッターまでにボアアップさせた
W463型のGクラス ゲレンデ G36L  AMGです。

どちらのエンジンも相当に素晴らしいフィーリングを
与えてくれるもので、ある意味この時代に造られた名器なのです。
歴史的に考えてもメルセデスのエンジンとして最高な
性能ポテンシャルとクオリティーなんだと思います.

この時代がドイツ工業製品黄金期特にメルセデスブランドとして、
一番メルセデスらしかった最後の時代なんだと思います。

そういえば海外のオークションで日産のフェアレディZなどが、
信じられない価格で落札されていますが、
やはり懐古主義ではありませんが良いものは良いという判断なのでしょう。
本物のクオリティーやクルマの本質的な部分を見る目を持つ人達は、
常に「次はどんなクルマを狙おうか?」と考えているのではないかと思います。

そう考えると、私はこの2種類のエンジンを搭載した
メルセデスの価値や価格は今後下落の可能性は低く、
時間の流れとタイミング次第では逆転現象さえ起こりそうな気がします。
そうすると益々入手困難で手に入りにくくなるのではないでしょうか?
入手が困難になれば価格は高騰していくのは仕方のないこと、本当に淋しい限りです。

さて、私はこの所有する2台の名車を、
経済的にもカスタムモディファイ精神が許すのであれば、
永遠に所有したいなとそう思っております。
特にG36 AMGに関しては絶対に他へ譲る気持ちはありません。
これらのマシンは気が緩んで手放したが最後、
今後は二度と手に入れることは難しいと思われるからなのです。

ということで、
軽く滲み水漏れを起こしていた
AMG  G36Lゲレンデですが、
今回夏を迎えるということで徹底的な
事前点検整備に切り替える決断をしました。

ちょうどLLCがエンジンから微妙に漏れかかっていることが判明しましたので、
この際ですからエンジンのOHを行ないたいと思います。
ヘッドをはぐり、各種のパーツを同時交換予定です。
正直、金額はそれなりに掛かりますが水廻りの管理修繕はメンテナンスの基本ですし、
このGは今後ともズ〜ッと乗り続けたい大好きなクルマですから、
ケチりながら出費を抑え騙しだまし乗るのは性格的にも嫌なのです。

たとえ相場が今後環境的な問題を含めて大暴騰しても、
そんなことは趣味の精神哲学に関係ないですね。
だって損得勘定から切り離しお金を積まれてもマシンを売らないのですから。

次々とクルマを乗り換えることで支出する金額を考えると、
一台のクルマを徹底的に愛しメンテナンスや消耗部品を入れ替えながら、
じっくりと手を入れながら永く大切に乗るほうが
経済的にもはるかに節約になるのだと思います。
ただし、そこまで愛情を注ぎ込み熱く手を入れてまで本気で乗りたいクルマが
今の世の中には殆ど無くなっていることが悲しい現実なのです。
だからこそこの時代のクルマがより一層と輝くのですね。



廣川 俊憲





555555_DSC7694



私が販売を委託されて手元に来ている
この91年式500Eですが、ホィールがなんといっても目立ちます。
たしかにこのクルマにはいろんな手を施しているがゆえに、
この独特なる存在感とオーラを発しているのです。

1.マークレスボンネット(加工塗装他)
2.AFFオリジナルフロントバンパーポイラー 
3.ジュラルミンアッパーマウント及び取り付け工賃 
4.RECARO C-Classic 6装着及び6プラット加工、リアシートも同様
5.AFF オリジナル 500オールステンレスEXマフラー
6. Nakamichi オーディオ(かなり手が込んだ)
7. AMG 3ピースホィール(ディシュ塗装)

その他諸々でして、これらだけでも
およそ600万円オーバーが注ぎ込まれているのです。
たとえば仮にこのクルマを見て、
自分も同じように作り上げてみたいと考えた場合を試算してみましょう。
まずはここから始めないと何もスタートしませんからね。
 

ます車両本体が必要です。
ピンからキリまでありますが、
最近500Eの市場相場が上昇方向に向いているという
恐ろしい噂がなんとなく届いています。
それなりに程度の良い個体を300万円で購入したとして、
そこから上記のモディファイをすると
合計でおよそ900万円になるのです。

なんとまぁ、スゴイ金額ですね。
さらに自分で仕上げるとなると
お金の問題もありますが、
時間もそれなりに掛かります。
この500Eの前オーナーはそれだけの
お金と時間を費やして仕上げました。
そんな500Eですから、販売委託をされたときには
それはもうびっくり仰天しました。

ですから、私もこのクルマは人間関係が
なければ売却は出来ないと思っています。
だれにでも渡せるクルマではないと思うからです。
でも、このクルマを購入できた方は
ある意味時間のワープが出来、
しかも金額もお得になるのですから、
これもまた一つのチャンスなのかもしれません。
現在、私はこの500Eともう一台、
希少なAMG E320T-3.6の販売をお願いされています。
私のチャンネルから本当に124を愛する人へと
受け継がれれば嬉しいと思います。





廣川 俊憲


 

野澤さんのAMG E500-6,0 009サファイヤブラックスポーツセダン

124  _DSC0351









124  _DSC0361










124  _DSC0402










124  _DSC0413










124  _DSC0368











124  _DSC0374











124  _DSC0383










500HP  _DSC0468












500Eは 500Eという分野のクルマ   廣川 俊憲

555555_DSC7694


昨日納車された500Eを
乗り回して遊んでいますが、
感じたことがあります。

このクルマの走りは
これまで乗ってきた124とは
次元がまったく違うということです。

これまで様々なエンジンの124に
乗ってきました。
最近では熊本県の谷さんに納車したE400です。
会社から熊本までの100kmを走りました。
走行距離が69,000km台という極上車でしたので、
その乗り味は124らしく
フラットで、そしてアクセルは重めの印象でした。

ところが500Eに初めて乗り
エンジンを掛けて走り始めると、
124の剛性感はしっかりと
感じさせながら、
でもアクセルは軽く
エンジンも軽やかに吹け上がります。

その印象はどの124とも
似ていないのです。
どこまで走っても
まったく疲れない印象を受けました。
それは装着されている
RECAROシートの
おかげもあるとは思いますが・・。

まさに表面上は124だけれども
中身は全くの別物で
あるような印象を受けました。
空飛ぶ絨毯に乗っているという
表現がぴったりな感じです。
このクルマを気持ち良く走らせたら
免許証の点数がいくらあっても
足りないと思いました。

やはり124の最上級グレードはE400であり、
500Eは別のカテゴリーの存する
クルマのような気がしました。
昔読んだ雑誌に「500Eは
500Eという分野のクルマであって
124とは別のモノ」とありましたが、
今さらながらその意味がわかりました。
現存する500Eがすべてこんな感じでは
ないのかもしれません。そう考えると、
今回届いた車両は素晴らしいと
結論付けられる気がします。


廣川 俊憲




555555_DSC8215

 





 

2015 03 14 予定よりも一日早く500Eが到着しました。廣川俊憲



11046926_436274253199335_2981969296157702676_o


予定よりも一日早く500Eが到着しました。

早速、キレイにして撮影しましたが、
こりゃあ相当カッコイイです。
そりゃあ重箱の隅を突くように見れば
気になるところはありますよ。

でも、そんなのちょっとしたこと。
それらを遥かに凌駕するほどの存在感。
これが24年前のクルマなのか?
と我が目を疑いました。

元々は販売委託されたクルマですが、
こんなクルマを手放したら後々まで
後悔すること間違い無し。
逆に言えばこんなスゴイ車が
手元にあることが奇跡のような感じです。

これはお宝クルマです。

廣川俊憲 

11050814_436274113199349_7528912772607282470_o

 





11064761_436274226532671_8077197806972218124_o



 




10339540_436274083199352_1096770784760792107_o












 
WDB:124036 M119974 500
アクセスカウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文