WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

2015年05月

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

E500-5,8 とりあえずタイヤを新品へと4本全部交換です。

AFF-1  05 26  Kako  _DSC0064


最近はタイヤ業界に小さな革命が起きているらしい。

それは正しい適正価格と消耗部品と割り切れるかどうかの分かれ道。
健康的なゴム質とは何か?真円度が確保されており回転バランスに問題が無く、
柔軟性と空気圧の維持が出来て200キロ以内の運転であれば普通に乗れる耐久性。
リーズナブルで低価格のタイヤの基本性能が向上して来て安定期に突入。
低価格でも性能が追いつかないような粗悪製品ではモチロン話しにもならないが、
そんな粗悪製品は自然淘汰されて消えて無くなるのがタイヤ業界の宿命だと考えられる。

それでは5年〜10年とコンスタンスに売れ続けて、
驚異的なリピートや支持をされ続ける格安リーズナブルタイヤはどうだろう?
店頭にて在庫を沢山抱えて順番に売るような従来のタイヤショップさんに比べ、
最近ではインターネット販売が主流になり直送ロジスティックスタイル、
つまりは流通経路が工場直送販売スタイルで個人へ直接やり取りされる時代に突入。
この販売スタイルは何処が幾らで何処よりも安いか?
と流通販売価格での平均値が一発で出る時代。

中途半端な流通マージンなんかが下手に乗っていると、
数日後には、たちまち売れなくなる新旧入れ替えも厳しきデジタル時代を意味します。
10年前の格安タイヤには確かに金額相応の不安も御座いました。
名の通ったブランドタイヤの購入はいわゆる安心感を手に入れる保険のようなもの、
たとえばアジアタイヤでも人気のネクセンタイヤなんてのを、
試しに5年くらい前から代車や簡単なデモカーに装着させてみて試してみました。
これが想像以上にバランスも良く耐久性もまあまあで文句が付けられません。

投資金額に対する実質的な満足度をコストパフォーマンスと表現しますが、
戦略的にあえてリーズナブルな領域で製品を販売されているのかな?
と完成度が異常なほどに高いのです。
基本的な劣化も少なく走行距離に対するアンバランスも少ない優秀なタイヤです。
個人的にもポルシェカイエン955の22インチにはこのネクセンタイヤを使用しております。

500にはミシュランのパイロットスポーツ2が装着されておりましたが、
今回はリーズナブルなタイヤ4本へと安全上の問題にて交換させました。
ミシュランの1本あたりの国内流通価格はご存知の通りやや高値領域なので御座います。
1本が高いのですから4本全部の交換となると正直勇気と決断が必要になります。
高いから駄目だとか安いからイイとかの問題はさておいて、
ゴム質の基本的な旬な製品寿命を考えたら理想的には年に1度の4本交換を考えます。
無尽蔵に潤沢な資金があればミシュランタイヤやら、
コンティネンタルタイヤで毎年溝に関係無く全部交換させて行けば良いのですが、
さすがに消耗部品と割り切ってもこれらのコストで考えると難しいものです。
まだまだ残厚が規定値内でしかも溝が残っているから大丈夫なんだとか、
黒いゴムがライトグレーに変色していてもまだまだ問題無く乗れるから大丈夫とか!

肝心な消耗部品の代名詞でもあるタイヤを疎かにして節約精神に走りますと、
材質の老朽化によるパンクや突発的なアクシデント、
パンク時には避けて通れないアルミホイールの変形や破断や傷と言った、
想像以上に大きな危険「リスク」を同時に増やす事になりましょう!
販売価格が安いから経済的に助かったと変な節約方向へ逃げるのでは無く、
安全維持の為にたとえ安い金額のタイヤでも定期的な交換サイクルを短くして頂き、
本当の意味での慎重な選択方法としての安全維持に心掛けて頂きたく思います。



Toshifumi  Kako   




955  AFF  Kako  _DSC0257













AFF-1  05 26  Kako  _DSC0811












AFF-1  05 26  Kako  _DSC0855










AFF-1  05 26  Kako  _DSC0870











1681  RONDE  Kako  _DSC0632












AFF-1  05 26  Kako  _DSC0050













955  AFF  Kako  _DSC0240












955  AFF  Kako  _DSC0236












955  AFF  Kako  _DSC0193












955  AFF  Kako  _DSC0175









955  AFF  Kako  _DSC0215












955  AFF  Kako  _DSC0173















まだまだ使える状態を出来る限り維持させるのも環境的なエコ!

555555_DSC0224


リアガラスの隙間に生える空気の血管現象。

定番的な汚れ問題 
メルセデスのスポーツセダン500の場合は、
合わせ強化ガラス
「細い熱線がサンドされた2枚ガラス」の関係上、
合わせ特有の膨張と圧縮を繰り返して
隙間に白い空気と錆茶が混入。

錆汁と空気の毛細血管のような滲みが
ガラスの端に自然発生してきます。
保管場所や紫外線、熱や色々な環境が原因で
片側だけという怪奇現象も御座います。
早いクルマですとガラス交換後でも
約3年くらいでこのような初期の血管現象が起きます。

思い切ってガラスASSYを取り替え交換される
124オーナーも確かに数多くおられますが、
実はコレ、汚れては観得ますが、
まだまだ充分に使えるガラスで、
観た目だけの問題なのであります。

それでも発見してしまうと気になり精神衛生上 
気になりだすとやはりコレクションマシンの
熱意イメージダウン症状なので御座います。

モチロン新品ガラスに入れ替え交換させれば、
物質的には解決なのですが、
124036のマッチングと
個体密閉度の隙間問題を考えると、
本当の意味で交換技術のある知識を持った
ガラス屋さんは少ないと思われます。

リアガラスを強引に外したり、
また再度 力ずくで所定の位置へと填めたりと、
外観上の汚れやシミや曇り つまりは
表面上の模様や見栄えだけの理由で、
このガラスASSYの交換作業を頻繁に繰り返すのは、
金属ボディーの構造上正直避けたいところで御座います。
まだまだ使える状態を出来る限り維持させるのも、
124の環境的なエコロジー思想なので御座います。


Toshifumi  Kako  







66666666_DSC0367











555555_DSC0187












55555555_DSC0274













66666666_DSC0312













55555_DSC0029












55555555_DSC0303













66666666_DSC0308












66666666_DSC0346











66666666_DSC0381















環境と個体が満足感を齎してくれるのかも?  廣川 俊憲

55555_DSC0024


環境と個体が満足感を齎してくれるのかも?

またまた飽きもせずに
W124(500E)に乗りましょうというお話です。
昨日はこの名車を心構えをしっかりと持つことで、
末永く維持して頂きたいなぁというお願いのお話ししました。
こういったお考えをお持ちいただければ、
きっとこの500Eというクルマはオーナーである貴方に
素晴らしいクルマライフをもたらしてくれると思います。

さて、そうやって手に入れた
W124や500Eですが、
この際せっかくですから
自分の色に染めてみてはいかがでしょうか?

中古車という領域はとても素晴らしい領域でして、
新車で購入したときには、その後のモディファイは
ホィールやオーディオの装着が精一杯でして、
それ以上のモディファイはなかなか難しいのが現実ですが、
中古車であれば予算的にもかなり余裕がありますから、
自分なりのモディファイという楽しみがあります。

きちんとした方向性を心の中に持ち、
それを高次元で具現化してくれる人間関係があれば、
そのクルマは貴方の元で第二のスタートを切ることが出来ます。
新車はたしかに素晴らしいです。それは認めます。
しかし、そのクルマの内装はメーカーのデザイナーが
大量生産を前提に造り上げたものであり、
貴方の色ではありません。
そしてそれが当然なのです。

ですから、今回中古車で手に入れた
W124や500Eは是非とも貴方のカラーで造り上げましょう。

ホイールやブレーキシステムやマフラー。
RECAROシートやハンドルのオリジナルレザー仕上げ、
ドアハンドルやダッシュボード、
センターコンソールなどの
ウレタン部分を上質なレザー仕上げなどなど・・・、
枚挙にいとまがないほどのメニューが用意されています。
当然、それらは高品質なものばかりですから、
貴方のクルマは新車以上に輝きをもって輝き始めることでしょう。
私が124や500Eをいつまでも愛することが出来るのは、
実はメンテナンスによる乗り味の復活もですが、
こうしたモディファイパーツの存在も大きいのだと思います。

生産終了後20年以上を経過したクルマですが、
こうしていつまでも楽しむことができるのは
本当に幸せなことだと思います。
ですから、市場からドンドン消えていく
名車W124を早く手に入れて
楽しんでもらいたいと思います。


  廣川 俊憲


10659400_458717064288387_2858842948479789749_n

 

局部的な蘇生方法もまた面白い124036メンテナンス。

55555_DSC0005

局部の蘇生と復活を繰り返しながら124036は生まれ変わります。

個人的に気になる場所を整理してじっくりと眺めてみると面白い。

リア合わせガラスの隙間の白い気泡と黴のような血管ラインを修正
AピラーからCピラーに続くラインを左右で色塗りです。
マグネシュームホイール4本の局部リペアで傷取り作業。
フロントグリルを744ブリリアントシルバーでペイントです。
 
Toshifumi  Kako   











9999999_DSC0895











55555_DSC0029












55555_DSC0024




20年の月日が流れたヤングクラシック124  廣川 俊憲

555555_DSC8195


20年の月日が流れたヤングクラシック124

W114/W115からW123へと続き、
さらにW124へと続く
メルセデスベンツEクラス
(ミディアムクラス)の歴史は
とても興味深いものがあると思います。
なかでもW124型は
もっとも素晴らしいクルマ
ではないかと私は思います。

それはこのクルマの持つ動力性能や
快適装備の数々が、決して現代のクルマに
匹敵するものではありませんが、
かと言って劣るというものでもないからです。
もっと言えば「これで十分」なものが用意されているのです。

かつてのメルセデスが持っていた過剰なまでの剛性感と
その精神が色濃く残る最後のクルマがW124型ということです。

さて、そんなW124型のメルセデスですが、
なぜか市場では「壊れやすい」という
ガセネタがまかり通っています。
これは私から言わせると間違いだと思います。
これらの症状は「消耗部品の交換時期が来た」
というのが正しい答えではないでしょうか?

この時代のメルセデスはクルマにとって
交換することのできない部分
(たとえばボディやシャシーなど)の
最重要部分のクオリティは格段に高くしています。
そして、それらを守るために各所にブッシュなどを用意しており、
走行中の振動や衝撃などはそれらのブッシュ類が吸収することで、
基本骨格の劣化を極力抑えているのです。
ですから、こういった各種消耗品が劣化することは
メルセデスにとっては最初から計算されたことであり、
それをいちいち「壊れた」だなんて言うのは
メルセデスの本当の基本的な考えを
理解していないということ以外には
考えられないと思うのです。
 

では、こう考えてみてはいかがでしょうか?
今やW124は新車での購入は不可能です。
ですから、中古車として購入する以外には方法がありません。
当然中古車ですから、最低でも20年以上は経過しています。
20年も経過しているのですから、
普通に考えてもプラスチックやゴム類は劣化しているでしょう。
でもそうだからこそ新車よりも格段に安く購入できるのです。

たとえばW124の最高峰に君臨する500Eは、
当初車両価格が1,580万円でした。
これに本革シートやサンルーフなどのオプションや
登録諸経費を加えると、
恐ろしいことに1,700万円を超える金額でした。
普通のサラリーマンでは逆立ちしても買えない金額です。
それがいまでは数分の一の価格で買えるのです。
ですから、そうやって購入したクルマに
必要な整備を施していったとしても、
その合計額はなかなか新車の価格には程遠いんです。

あぁ~、なんて良い時代に突入したのでしょう。
それなのにちょっと部品の交換が出たら
「あぁまた壊れた」だなんて言って、
騙し騙し乗るだなんて私には勿体ないとしか考えられません。
さっさと交換したほうが、
どれだけ精神衛生上良いのでしょうか?
メルセデスの素晴らしいところは、
そういう消耗品については現在でも流通しており
価格も抑えられているところです。
しかも最新のメルセデスのような
「アッセンブリー交換」ではなくて
「部分修理や交換」が出来るところなんです。
そして、それらの消耗品を交換すると格段に良くなるのです。
仮に足回りのブッシュ類の交換などを行うと、
一気に走りの体感が変わります。
まさに新車に近くなるのです。
これならお金を掛けた甲斐があるというものですね。

私が言いたいのは往年のメルセデスの良さを色濃く残しながらも、
現在の環境でも十分に通用するW124というクルマを
手に入れたのであれば、それを一生乗るつもりで
維持してほしいのです。ですから、
今日はこんな憎まれ口を書きました。

でもこれくらいの覚悟をもって所有してみて欲しいです。
そうすれば、あなたの元に来たW124は
ずっとそばにいてくれると思います。
その覚悟が無いのであれば、W124は乗らないほうが良いと思います。
そしてその覚悟がなければ、あの素晴らしく恍惚な余韻に浸れるほどの
乗り味には永遠にたどり着くことはできません。
W124の乗り味、それは現代のクルマが、
そして現在のメルセデス社でさえ
造り上げることの出来ないものなのです。

どうかこの稀代の名車であるW124を一台でも多く、
未来に残して欲しいと思います。
それがクルマが大好きで、
この時代のメルセデスが大好きな私の願いです。


廣川 俊憲
 



555555_DSC8215
 






555555_DSC7694
 

WDB:124036 M119974 500
無料カウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
  • AFF FORGED SPORTS CLASSIC 19 プロトデザイン&プロセスの画像です!  FOR MERCEDES BENZ W124036 500 E60 ONLY その3
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

白文字盤のNAVITIMERシリーズを熱烈に愛しております。1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワーAFF-3 オートファッションファクトリー3号店をOPENさせて頂きました。趣味性の強いNAVITIMERシリーズを中心とした機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜  AFF-2 川崎  AFF-3 東京 AFF-4 九州 もよろしくお願い致します。加古 俊文