WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

2016年08月

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

廣川さんのFacebook記事です。制動装置新時代「止まらないクルマは単なる凶器です」


555555555_DSC0145



「止まらないクルマは単なる凶器です」
 
私は自分が乗る自動車において、
ブレーキシステムの見直しを必ず行います。
 
現在、私のメインカーであるE500-5.8には
当然のように素晴らしいブレーキシステムを組んでおります。
フロント:360mmのカーボン素材混合のローターに ブレンボ製
     8ポッドキャリパーを装着
リア:355mmのカーボン素材混合のローターにブレンボ製F50用
   4ポッドキャリパーを装着しています。
 
実はフロント8ポッドにはリアは4ポッドが
一番相性が良いそうです。
前後に8ポッドや6ポッドを入れた場合には、
リアが効きすぎて逆に効果は半減するとも聞きました。
 
さて、どんなに素晴らしいクルマであっても
緊急時に止まれないようでは、
それは単なる凶器であり、
加害者にも被害者にとっても不幸でしかないと思います。
 
例えば、500Eにおいては前期型は
ブレンボのアルミキャリパーに300mmのローターでした。
それが後期になって、
ATE製の320mmのローターへ変更となりました。
ちなみにE320においては、
280mmのローターとなります。
リアはいずれも260mmとなります。(純正の場合)
 
よく雑誌において500Eの弱点は
ブレーキシステムだと書かれていますが、
やはりそれは事実のようです。従いまして、
ブレーキのシステムアップをなさる方が多いのも事実です。
 
さて、この500EもしくはE500ですが、
とかく言われるのがポルシェ社との
共同開発並びにポルシェメイドであるということです。
そこで、考えてみますにポルシェというクルマを
一番象徴するのは、やはりブレーキシステムだと思います。
 
「宇宙一 止まるブレーキ」と
その時代時代で言われます。
 
500Eの時代、ポルシェ993ターボに
おいては335mmのローターであったように思います。
そう考えますと、確かにこの時代においては
最高レベルであったのでしょうが、
997後期のGT3RSに装着される
PCCBでは380mmが装備されているのです。
 
そこで、いかに500Eが
20年以上前のクルマだとしても、
現在の交通情勢においては、
やはり役不足であることは否めません。
 
つまり、ポルシェメイドを名乗るのであれば、
ここはやはり380mmを装着してこそ
「さすがポルシェメイドだな」
「このオーナーはポルシェのことがわかっているな」と
ポルシェオーナーの方々からも認められるのではないか?
と私は勝手に思うのです。
 
300mmのローターにPORSCHEのロゴを入れた
キャリパーでは、本物を知るオーナーさんからは
冷ややかな目で見られることまちがいないでしょう。
 
また大口径のホイールをつけて
カッコよく決めていても、
ホイールとローターの間がスカスカで
向こう側の景色が見えるようでは、
なんとも悲しくなります。
 
ホイールとキャリパーとの隙間が少ないほど、
制動力は高まります。理想的にはホイールの
内側とキャリパーの隙間は、
千円札1枚程度ではないか?と思われます。
 
さて、そう考えますと純正のフロントが
300mmもしくは320mmに対して、
私の360mmはかなり大きなローターで
あると思っていましたが、
380mmに比べると、おもちゃのローターと
キャリパーであるということであり、
哀しく情けなくなりました。
 
じゃあ、私も380mmをつけよう。
そうしないとポルシェメイドだなんて
大きな声では言えませんからね。
しかし、ここで大きな問題があります。
 
それは写真で分かりますように、
18inchのホイールでは360mmで
ほぼギリギリであり、これ以上の
ローターを入れることは物理的に不可能です。
 
時代はもう18inchでさえ
小さなホイールということでしょうか?
17inchが大きいと言われていた時代が懐かしいです。
 
ちょうどそんな時にAFF横浜から、
19inchホイールの開発をしている
という話が舞い込んできました。
 
デザインも出来上がっており、
かなり進捗度は進んでおります。
これを装着した場合、タイヤハウスの
丸いラインとタイヤホイールのラインが
平行になり、見た目が素晴らしくまとまります。
 
そのクルマがカッコイイのかどうか?
はやはりタイヤホイールに
委ねるとこところが大きいと思います。
 
そして、このホイールを作ろうと
AFFの加古社長が考えた理由が、
まさにポルシェと同じブレーキを
500Eに装着しようというところでした。
 
ポルシェメイドを大声で叫ぶのであれば、
やはり380mmは必要だというところでしょう。
これで380mmが装着できると思うのですが、
実はこのホイールが装着できるのは
500Eもしくはノーマルボディを
500ワイドボディに変更したクルマだけなのです。
 
500Eのデザインがいつまでもこうして
愛されるのは、そのデザインが機能性に
裏打ちされているからに他なりません。
 
そう考えると、500ボディにするということは、
より高い安全性を手に入れるためのものかもしれません。
自分の愛するクルマを大切にし、
人様に迷惑をかけないようにするための第一歩は
「きちんと止まる」ということです。
 
そこをおざなりにしているようでは、
本当に自分のクルマを愛しているのだろうか?
と私は思います。
大口径ホイールと小さなローター。
これは可能性として少し危険な領域の証明なんです。

文章 廣川俊憲




483ee28a-s

 









14068479_636614869831938_9056540308754172778_o













55ab4c62
 









14067975_636615156498576_6479313091617799268_o











7c50db25-s

 







46fa07bd-s
 










13938326_636615366498555_2632701162105297380_o










1856f5c0-s








0b806113











13996072_636615073165251_4276483008102638226_o












13680033_1235027379863711_5690896704798176682_o

 











555555555_DSC0145











9128a023-s
 











14107806_636615329831892_3228982281917392626_o


 








14068225_636615453165213_6388099187184796793_n



 



8c042919



 




13988084_636615243165234_7892037709923641025_o











 

廣川さんのFacebook記事です。「自分の置かれている状況が世界的に見ても幸運であることに気づいていないことの不思議さと不幸」


13925767_635204213306337_1710039734835605971_o


「自分の置かれている状況が
世界的に見ても幸運であることに
気づいていないことの不思議さと不幸」
 

最後のリアルメルセデス。
 

メルセデスが王者として
世界の自動車業界において君臨し、
創業者の志を正当に承継していた、
世界中の人々が憧れる存在であった
最後のメルセデスベンツが、
私の大好きなW124です。
 

もうかれこれ20年以上
愛し続けている自動車なんです。
 

私が初めてW124に出会った頃と比べて、
現在は本当に良い時代になったなぁと思います。

1996年に私はW124の魅力に魅せられました。

「走る・曲がる・止まる」という基本をしっかりと追及し、
乗員の生命を守ることを真剣に
追及していたところに心が奪われました。
 

装着される装備も機能性重視であり、
見せかけのものは一切ありません。
価格を引き上げるための過剰な豪華絢爛な
無駄とも言える装備を装着することは、
当時のメルセデスの方針に反するものであり、
現代のメルセデスとは全く考え方が違うように思います。
 

「クルマを運転している」という感覚は、
クルマを愛する人々にはとても大切だと思います。

現代の自動車サイズからすると
決して大きくはないボディサイズ。

最新のCクラスほどしかないサイズは、
逆に人間が操作しやすい大きさであり、
自分がクルマを操っている喜びを感じられます。
 

そんなW124が実に
リーズナブルな価格で買えるのです。

当時、E320セダンのサンルーフ・本革仕様の
左ハンドルでブリリアントシルバーの個体は
一番人気で、300万円近く
支払わなければ購入できませんでした。
 

500Eにおいても、現在のような
海外流出はありませんでしたが、
やはり500万円では安い部類でした。

当然、それらは純正仕様でしたから、
そこから内装の変更(シートやウッド、
ハンドルやレザーパーツ)や外観の変更
(ワイドボディ)などを行っていくと、
とてもサラリーマンの給料では
追いつかないくらいの金額になったのを思い出します。
 

そう考えると、現在は本当に
リーズナブルに購入することができます。

ゆえに選択することさえできるのです。

例えば、我が家のメインカーとして
迎えるのであれば、ワゴンという選択があるでしょう。
運転している時の視界はセダンと同じ。
でも、後部座席の天井には長く伸びたルーフがあるので、
後部座席も直射日光を受けることが
ありません。当然、驚くほどの荷物が搭載できます。
 

逆にすでにメインカーとしてミニバンや
ランクルなどのSUVがある場合には、
それらを家族とのお出かけ用として使用し、
ご自身の運転する楽しみはセダンボディに委ねるのです。
 

奥の手として、そのようなミニバンやSUVを手放して、
ワゴンの車両代+最高のモディファイ代に
充当して、最高のワゴンを手に入れるという手もあります。
 

昔であればそういう贅沢はできませんでしたから、

この素晴らしく恵まれた時代に
気づいていないことが不幸で
しかないとさえ私は思うのです。
 

そういうことを知っていますから、
私はセダンとワゴンの2台を所有しています。

もうかれこれ2年近くの間、
いろいろな人にフェイスブックや実際に
お会いしてW124の素晴らしさをお伝えし、
中には実際に手に入れた幸運な方もいらっしゃいます。
 

しかし、2年前に比較して500Eは
プレミアム感が出始め、
ドバイをはじめとした海外の
コレクターの元に流れて行っています。

今後は程度の良いW124は
入手が難しくなることは間違いないでしょう。
 

「う〜ん、どうしようかな?」
 

そう思われる気持ちは十分理解できます。

でも、あなたが悩んでいる時間は
あなたの都合であり、W124を取り巻く
自動車業界の流れは、あなたのそんな
悩む時間に付き合ってはくれません。
 

つまり、いくらでも悩むことはご自由ですが、
決断した時には程度の良いW124を
手に入れることが非常に困難になるだけのことです。

今であれば◯◯◯万円で車体+外観+内装が
ある程度揃うのでしょうけど、
数年後にはこれでは無理でしょうね。
 

そう感じます。
 

ですから、本当にW124を欲しいと思われたのであれば、
早速明日にでも銀行かクレジット会社に
融資の申し込みをしてください。

お金はしっかりと働けば手に入ります。

でも、W124はあのメルセデスでさえ
「二度とあのようなこだわったクルマ作りはできない」
と言ってるのですから、新車が市場に出てくるわけでは
ありませんので、手に入りにくくなります。
 

「決断は、今日この時間です」

決断と行動なくして、何もつかめないのですね。


文章 廣川俊憲
 


13996164_635204046639687_2637857810942209828_o

 






 

あれから19年が経過しました。18インチから19インチ鍛造へと深化する時代の幕開けです。SPORTS CLASSIC 19 FORGED 開発中です。

12783751_1134090089957441_663356285541048359_o




あれから19年の月日が経過しました。
18インチメルセデス専用のEURO  FIVE から
19インチ鍛造へと深化する時代の幕開けで御座います。
SPORTS CLASSIC 19 FORGED 開発中です。


かれこれ20年間の月日が流れました。
新しく品質もクオリティーも生まれ変わり、
本質的な内容も含めて研ぎ澄まされた
最新式製法による鍛造19インチサイズを只今開発中です。

人間の求めるシンプルな夢とは何か?

速く走りたいと思うよりも、
それはまるで空を飛ぶように軽く
マシンを自由自在に移動させたいと願う気持ち。
バネ下荷重の徹底的な改善によりその結果、軽快な足回りと、
絶妙なコントロール性能を持った本格的な制動装置の実現。
本格的な制動装置を手にいれると言うことは、
それは同時に本質的な安全を手にいれるということなのです。

足回りの改善は排気量アップやチューニングエンジンよりも
ある意味重要な箇所なのでも御座います。 


SPORTS  CLASSIC  19  FORGED  
 

メルセデスの足回りを本質的で近代的な、
997後期のポルシェセッティングへと深化させたい。
PCCB  ブレンボ6ポッドと380mmの大口径ブレーキローターの採用。
ポルシェメイドと言われても20年前のポルシェブレーキでは、
18インチのインナークリアランスとしての限界は360mmまででした。

憧れのPCCB  ブレンボ6ポッドと
380mmの大口径ブレーキローターを入れる為には
この19インチ鍛造環境が逆に必要だったのです。
ブレーキの構築がメインでアルミのサイズを19鍛造へと流れます。
またこの19インチサイズを入れるために,
500ボディーを造って行くという遠回りな面白さと醍醐味も堪りません。

小さくて計量ボディーのあの911ポルシェで、
普通に標準で19インチサイズが奢られております。
最新の991シリーズで20インチや21インチが採用されておりますが、
あえて997後期の最上級オプションの足回り領域に注目してみました。

目的は19インチの鍛造がメインではありません。
メインは本格的な制動装置の徹底リファインからの改善案でした。
997   GT3  RS  の憧れのオプションでおなじみのPCCB  
ブレンボ6ポッドをフロントセクションへと放り込む環境設定だったのです。
これにより実現不可能とされていたローターサイズの実現です。
ドリルド380mmの大口径ブレーキローターを入れる為に開発なのです。


メルセデスの500はまさに、
25年の月日が流れてクラシックの領域へと辿り着きました。

AFF   SPORTS  CLASSIC  19  FORGED  只今開発中です。


Toshifumi  Kako  






0b806113












46fa07bd-s












666666_AFF0518










8888888888_DSC0293












55ab4c62














12671639_1134089679957482_2634900775268008736_o











12748053_940857292666630_2000648693936998756_o










991e4af0-s












Df  997  GT3-RS  1218_AFF8972











12772061_1134090076624109_8126560954997067532_o







11219548_940857242666635_9066801294082172662_o











5555555_DSC0565










12748053_940857292666630_2000648693936998756_o












3d0ada4f












12799315_1133982386634878_7864926393733045678_n








88f2310c










8888888888_DSC0287










11713896_1015647065135078_5555012756701656402_o













997  911 _AFF3177












997  _DSC1608













997  _DSC1579










AFF3 _DSC0684












11203573_988228864543565_3327827487312849792_o












9e92649b-s













55555_DSC0110













997  _DSC1608













img_0-3












483ee28a-s













12132471_1145744755458641_5184807503419118223_o









E420-5,0  _DSC0260












4ec9f7ae-s











9128a023-s










1856f5c0-s








991e4af0-s





Date from any of the 19 years have elapsed.
From 18 inches Mercedes dedicated EURO FIVE
Jewels in the dawn of the era of
deepening with a 19-Inch forged.
SPORTS CLASSIC 19 FORGED is under development.





The month and day of Karekore 20 years was flowing.
New quality nor reincarnation quality,
It was honed, including the essential content
The forging 19 inches size due to state-of-the-art
production process is in now development.



SPORTS CLASSIC 19 FORGED



Essential modern Mercedes of the underbody,
997 want to deepen to the late Porsche setting.
PCCB Brembo 6 adoption of large-diameter
brake rotor of the pod and 380mm.
In the 20 years prior to the Porsche brake
also it is said to be the Porsche maid,
Limit of as an inner clearance 18-inch was up to 360mm.




Longing of PCCB Brembo 6 pod and
In order to put a large-diameter brake rotor of 380mm is
It is this 19 inches forging
environment was needed to reverse.
Construction of the brake will flow to 19
forging the size of the aluminum in the main.
Further, in order to add this 19 inches size,
Circuitous fun that go building a
500 body and the real thrill is also irresistible.



Small weighing body
in that 911 Porsche,
19 inches size in the
standard normally will have been 
Although 20 inches and 21 inches with the
latest 991 series has been adopted,
Dare I tried to focus on the underbody
area of ​​997 late superlative option.




Purpose 19-inch forged is not a main.
Main was the improvement plan from the thorough
refinement of full-fledged braking device.
997 GT3 familiar PCCB in the longing of options of RS
Brembo 6 It was environment settings that t
hrow the pod into the front section.
This is an implementation of the rotor size which has been
considered to be impossible to achieve by.
Drilled 380mm's the development in
order to put a large-diameter brake rotors.




Mercedes 500 is just,
We arrived traced to the classical
area flows through date of 25 years.



AFF SPORTS CLASSIC 19 FORGED is in now development.




Toshifumi Kako






7c50db25-s


 

WDB:124036 M119974 500
無料カウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
  • WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。2018年01月19日  AFF-1
Toshifumi Kako 1966