WDB:124036 M119974 SPORT SEDAN 500の魅力。

There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel! Mercedes-Benz 500

2017年05月

There is a beautiful car is there also feel even something signs through the inorganic world. 500 sport sedan Mercedes timeless. Special presence, which is referred to as WDB124036. Greater than the area of the sports car that Ya it is allowed to thoroughly it stops to run Do boxy four-door sedan that's that was abandon condensing its appeal? Or appearance was pretense and skill to the standard Standard, Do a the genuine Naru hidden sports car that you have a sedan of shape? Such a thing strange charm that seems good, even if at this time. To keep the condition of the car beautifully and healthy clean What is needed is "love" is Here Tegozaimasen to say Imasara. And what is love So? And I seem to express love and never in this world the unconditional become service of feelings without asking in return. Love and ie beyond street lightly the Toka Toka hate emotionally love with a human, And how much did maintenance and consumables and maintenance can correctly regularly apply it to the car? Also whether the custom modifier was also served in the same area as well as regular repairs and maintenance of consumable parts? Closely numerous and their car "Car of lovable subject" what himself came involved, Long hot resume that came repeat the history and maintenance determines the future of value! There is a beautiful car, through the inorganic become the world, Something it is there that even signs and Oehler also feel!

Wolf wearing a sheep's skin 羊の皮を被った狼  AMG E320 3,6 SPORTS SEDAN

555555  DSC_0299



Wolf wearing a sheep's skin 

羊の皮を被った狼  

AMG  E320 3,6 SPORTS SEDAN







昔はAMGという言葉の響きには
強い衝撃とそれなりの引力を感じました。

AMG コンプリートと呼ばれる由縁は
何処にその引力としての魅力が宿るのでしょうか?
エアロパーツや足廻りやインテリア?
それともAMGチューニングエンジンと呼ばれる
トルクフルな心臓部なのでしょうか?

ストレートシックスの最高峰とされる
M104  6気筒 DOHCエンジンを搭載させたスポーツセダン。 
Wolf wearing a sheep's skin 

羊の皮を被った狼  

AMG  E320 3,6 SPORTS SEDAN 

Toshifumi  Kako   



Auto Fashion Factory Co., Ltd.
AFF3 Mechanical Tokyo
 
2017年05月29日
 
AFF-3

 
Nikon D40
AF-S  
VR Micro-Nikkor
single-focus lens
MicroVR 105mm  
F 2,8G ED  
Photo by 
Toshifumi Kako  




 
 
18766828_1568334936532952_2902104646632802969_o





Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日

愛する気持ちがあれば何度でも蘇る!RECARO それは80年代に造られたドイツ黄金期の作品でした。 RECARO CT 30年の使用にも耐えられる頑丈な基本構造と本質的な魅力。

RECARO  GT  AFF1   0213  _DSC0608



RECARO  

建築物で築30年と聞くと
それなりに老朽化とイメージされるかも知れません! 

人間の年齢で30歳と考えるとそれは中年の入口と
青年期の境目の時期なのかも知れません! 

シートで30年と聞くと果たしてどうなんでしょうか?
 ドイツ黄金期に設計されて造り込まれた
RECARO でしたら、
30年の時間軸なんてのはまだまだこれからの
50年〜60年の使用期間に対しては、
半分くらいの時間軸の流れなんだと思われます! 

一生モノという決断で購入した
当時のRECAROは耐久年数も品質も
まさに 
一生モノ領域に近い耐久性と、
頑丈なるクオリティーなのかも知れません!
  

造られた工業製品の寿命が最近で短過ぎると感じています。
生まれ出たモノの宿命はやがては消え去り無となる運命を背負います。
誕生の反対語は消滅で御座います!

気持ちがあればそれなりのコストは掛かりますが
何度でも美しく本来あるべき機能へと、
生き返る事が可能な環境が御座います!


 
愛する気持ちがあれば何度でも蘇る! RECARO


インテリアには
本質を極めたそれなりの
お気に入りな基本骨格と
永年の使用に耐えられる
頑丈な椅子が欲しいところ!

何度も何度も修理を重ねて
新しく生まれ変わる事が出来る工業製品の魅力。
局部的なリペアからレザーでの張り替えを得て
30年単位〜50年単位で問題なく綺麗に生き返る
人間工学から考えてもスグレモノなんだと思われます!

シンプルに装着させるなら
ドイツ製RECAROシートの中でも
CTモデルやLS日本仕様が
自分の中ではストライクゾーンなのかも知れません!
往年のマニュアル手動のシンプルなスポーツモデルなら 
CT  LS  辺りのデザインが大人の憧れ心を刺激してくれる事でしょう!
 
オジさん達の1,980年代後半から
1990年代の初頭時代に、
この西ドイツ工業製品の椅子には、
それはもう憧れなんて領域を飛び越えて
本気で惚れ込んだモノなのです。

手が届かないような
高値の華だったドイツの本革製の椅子。

欲しくても手にれる事が出来なかった、
当時のトラウマが時間の経過で
これまた大きな憧れへと変化しました。

手が出せない時代に
遠くガラス越しに眺めるそのお姿と筋肉質な造形美。
本革製品独特なるその影と背面には RECARO 刻印。 
ヤングクラシカルな領域での124に装着させるのであれば、
モデルは最近のマニフィカシリーズや
少し前のDSEシリーズでは無く、
90年代を駆け抜けたCTモデルや
LS日本仕様がストライクゾーンかも知れません! 
将来的には、C-CLASSIC  や CSE 辺りが
憧れの終着駅としてはお薦めです!

強烈なるインパクトが強く深く
脳裏に刻み込まれたこの美しきシルエット!
憧れのドイツ輸入 本革製シートの頂点を極めた、
ある種、それは芸術作品と同じ存在感でもあるからなのですが!
この強く刻み込まれた本質的な憧れは根が深いので御座います。
簡単には言葉では第三者様には短時間ではご説明出来ません。

美しくて存在感が滲み出る工業製品には
時代の流行廃りは関係御座いません! 


RECARO


Toshifumi  Kako     




RECARO  GT   AFF1   0213  _DSC0545











e0ae88dd












RECARO  GT  AFF1   0213  _DSC0593










2017  01  09  D3S  50mm  Kako _DSC0360











RECARO  GT   AFF1   0213  _DSC0573










6666666_DSC0137






RECARO

When you hear that building is 30 years
It may be imaged as old as it is!

Considering that it is 30 years 
old at the age of human it is a middle-aged entrance and
It may be the time of the border between adolescents!

How about playing 
as long as 30 years on the seat?
 If it was RECARO which was designed 
and built in the golden age of Germany,
The time axis of 30 years is still to come
For the use period of 50 to 60 years,
It seems to be about half of the time axis flow!

I bought it at the decision of a lifetime thing
At that time RECARO had durability years and quality
Durability close to the real thing of life indeed,
It might be a solid quality!

I feel that the life span of manufactured 
industrial products is too short recently.
The destiny of the thing which was born 
will eventually fade away fade away.
The opposite word of birth is annihilated!

If there is a feeling 
it will cost a reasonable cost
To the function which should 
be beautiful as many times as possible,
There are environments 
where it is possible to revive!


 If you have love, revive as 
many times as you want! RECARO


In the interior
It is a reasonable amount of essence
With your favorite basic skeleton
Can withstand use for many years
Where you want a sturdy chair!

Repeatedly and repeatedly 
over and over again
The charm of industrial 
products that can be reborn newly.
I got a leather replacement from a local repair
I revive beautifully without trouble 
in units of 30 years to 50 years
Even though I think from ergonomics
 it seems to be Suguremono!

If you simply wear it
Among the German RECARO sheets
CT model and LS Japan specification
It might be a strike zone among myself!
Older manual manual If you are a simple sports model
CT LS design around me will stimulate adult's longing mind!
 
from the latter half of the 1980's
In the early 1990s,
In the chair of this German industrial product,
Jumping over the area that it is longing for it anymore
It is a seriously fascinated thing.

I can not reach it
German real leather chair 
which was high in price.

Although I wanted, I could not get it,
Trauma of the time passed over time
This changed to a big yearning.

In times when I can not hand it
Its form and muscular formative 
beauty that you look far in the glass.

RECARO stamped on the shadow 
and the back which is unique 
to this leather product. In the case of
If you want to mount it in 124 in Young classical area,

Models are recent Magnifica series
Not a little before DSE series,
CT model that passed through the 1990s
LS Japan specification may be a strike zone! In the case of
In the future, C-CLASSIC and CSE area
It is recommended as a destination for the yearning!

Strong impact is strong and deep
This beautiful silhouette 
carved into the mind!
The extreme points of the long-awaited 
German imported real leather 
seats were extremely high,
Certainly, it is because 
it is the same presence as a work of art!

This strongly engraved 
essential longing is deep rooted 
I can not explain easily to third 
parties by words in a short time.

For industrial products 
that are beautiful and exude their presence
The epidemic abolition of the times is not related!


RECARO


Toshifumi Kako




238dd5b2











e0ae88dd










img_0












2c4a5988












4c4f7fc0








Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日





E420-5,0 デジノリラメットパールのW124034 後から500に深化した努力のスポーツセダン!

5555555_DSC3349



Auto Fashion Factory Yokohama 
2017 05 14  日曜日
 
AFF-1
 
船津さんがフラリとご来店され 
春の新春メモリアルで、
JR 1681 RONDE 
AFF Limited 24 AFF-1 を
気持ち良くこの日はご決断下さいました。
 
22歳の記念で御座います。
AFF1(ミリタリーグレー)
本当に嬉しいですね〜!
お父さんも時計好きで大のクルマ好きで御座います。
 
船津さんは18歳の頃から愛車はメルセデス!
最初はAMG C36 SPORTS SEDAN W202から始まり、
次のマシンはV8 5000ccのエンジンを積み直したW124034 
E420-5,0に乗られております。

最初から完成された500もまたそれはそれで魅力なのですが、
努力してE420セダンからスポーツセダン500へ深化させた
その道のりとプロセスがある意味素晴らしいと思います!
時間を掛けて自分の好みのスタイルに仕上げて行く面白さが御座います。
金額的な損得勘定や単純な時間に対する概念だけでは御座いません!
どこまでその個体を徹底的に愛する事が出来るのか?

縁あって手に入れたボディーや個体を
自分流のセンスでコツコツと仕上げて行く本質的な悦びは、
これまた言葉では上手に表現説明出来ません!

わざわざマッチョなワイド500ボディーへと変化させ、
エンジンまで4200ccのV8エンジンからM119のV8 5000ccを
後にコンバート搭載させてしまうその情熱に対しての評価です。
これこそが124ボディーを愛する
カスタムモディファイとしての真骨頂なんだと思います。

甲斐総店長の愛車だった
E420セダンを次にフリーク代表の部谷社長が引き継ぎ、
そして22歳の若き船津さんへと流れて行く
これこそ受け継がれ継承されじっくりと
生まれ変わって行く醍醐味とその本質的な面白さ!


E420-5,0  デジノリラメットパールの
W124034  後から500に深化した
努力のスポーツセダンとしての存在感。

これからも美しく維持されて行く事でしょう!
 
そして機械式腕時計は
JR 1681 RONDE を選択されました。
限定4本のバリエーション展開の中で、
色に迷いましたが候補として最初はホワイト!
そして最後に決めてくれたのは、
グレーのAFF-1モデル でした。
 
1本 460,000円+税 
各色24本の限定生産品なのです。
心臓部はGP社製のムーブメントを組み込んだ
奥ゆかしいまでに研澄まされた
本格派3針機械式腕時計なので御座います!
 
22歳の記念
初めてのメモリアルで
渋いグレーのジャンリシャールシリーズは、
さり気なくストライクゾーンなのかも知れません!
 
Toshifumi Kako
 
http://1681.blog.jp/archives/1065858893.html






5555555_DSC0227









5555555_DSC3340








17506026_1493549007344879_1024611205_n








5555555_DSC0211







5555555_DSC3355








5555555_DSC3328







5555555_DSC3314








5555555_DSC3295









5555555_DSC3263








5555555_DSC3245







5555555_DSC3239








5555555_DSC3233








5555555_DSC3218








5555555_DSC3225








5555555_DSC3141









5555555_DSC3102









5555555_DSC3089







5555555_DSC3094








5555555_DSC3117








5555555_DSC3067







5555555_DSC0255









5555555_DSC0271









5555555_DSC0284








5555555_DSC0290








5555555_DSC3142








5555555_DSC3089









番外編スポーツセダン AMG M104 ストレートシックス DOHC 6気筒 3,6を積むという本質的な醍醐味。

6abab123



E320スポーツセダン3,6  
LH  オニキスグレーメタリック

番外編スポーツセダン 
AMG M104 ストレートシックス 
DOHC  6気筒 3,6を積むという本質的な醍醐味。


AMGを所有する真の喜びって何だろう?


M104スタンダードな
排気量3200ccの6気筒エンジンを
車両本体からわざわざ降ろし、
絶滅危惧種 排気量僅か
400cc違いのAMG  M104ユニット 
3,6 ストレートシックスの
コンプリートエンジンを積む
という事が何を意味するか?

実は単純に排気量アップだけの問題では無いのです。

E320スポーツセダン 3,6  

ある程度AMG社にてチューニングされた
スペシャルなコンプリートエンジンをベースに、
M104型DOHC エンジンをさらに手を入れ内面加工を施し
ポート加工や内面の徹底的な鏡面仕上げや、
6個のトンネル部としてのシリンダー部表面に贅沢なる
ニカシルメッキ加工を施す執念というべき行動力と決断力。

新しいピストンリングはもちろんの事、 
AMG社製HWA品番の「マーレー社製AMG 純正ピストン」
OH用の2番サイズのBIGピストンを6個全部新品ピストンに入れ替え
重さを一番軽いピストンに合わせて重量バランスの均等化。

それはピストンだけで無くピストンコンロッドも同じくバランス取りです。
バルブも対策後のサイレントバルブに全て交換調整後入れ替え、
AMG品番の専用エンジンメインハーネスの交換はもちろん、
AMG ヘッドガスケットパッキンの入れ替え、
AMG  3,6リッター用の専用メインコンピューターの入れ替え、
Eガスユニットの交換、その他 
消耗部品や考えられる消耗パーツの全部を交換。
エンジンマウントを左右、マルチベルトの入れ替え、
純正ラジエーター本体のASSY交換、サブラジエータータンクの交換、
水量センサーの交換、圧力CAPの交換、冷却関係のゴム類樹脂類ASSY  
ホース類からウォーターポンプの交換にサーモスタットに至るまで!
完璧なまでのリファインと拘りの徹底的な腰上オーバーホールを
実現させた1人の男が存在しておりました。


どうせAMGエンジンを仕上げるのであれば、
最上級の愛情と出来る限りの可能性を追求した極上コンディションで
永年の憧れだった3,6  AMGコンプリートエンジンを極めたい。

こんな願いからAMG3,6エンジンの
完全復活計画が実現されました。







パッと観の外見は標準ドノーマルで上品なジェントル仕様。

能ある鷹は爪を隠すでは御座いませんが、

これこそ大人しい羊のフリをする
ポテンシャルコヨーテなのかも知れません!

AMG  エンジンの魅力は手に入れて実際に所有してみなければ、
その奥深き本質までは理解出来ないのが最大の難点なので御座います。


RECARO   


インテリアには本質を極めた電気椅子が欲しいところ!

装着させるならRECAROシートでも電動電気仕掛けなら往年の、
C-CLASSIC  や CSE 辺りがインテリアの年代には相応しい。
手動モデルなら CT  LS  辺りのデザインが大人の憧れ心を刺激してくれる。
 
オジさん達の1,980年代後半から1990年代の初頭時代に、
この ドイツの電気椅子にはそれはもう惚れ込んだモノなのです。

手が届かないような高値の華だったドイツの本革製の電気椅子。

やはては手にれる事が出来なかった
当時のトラウマが時間の経過で憧れに変化しました。

ガラス越しに眺める
本革製品独特なるその影とRECAROの刻印。 
124に装着させるのであれば、
モデルは最近のマニフィカシリーズや
少し前のDSEシリーズでは無く、
90年代を駆け抜けた C-CLASSIC  や CSE 辺りがお薦めです!
強烈なるインパクトが強く深く脳裏に刻み込まれたシルエット!
憧れのドイツ輸入 本革製の電気椅子でもあるからなのですが!
この強く刻み込まれた本質的な憧れは根が深いのです。
簡単には言葉では第三者様には短時間ではご説明出来ません。

さてさて 前置きが長くなりました。


このAMGのM104  3,6エンジンは
名機と呼ばれるくらいに本質的な魅力が宿ります。

AMGエンジンの中でも
一番乗り易くて回転域が絶妙でトルクフルなので御座います。
大排気量の更なる上のポテンシャルも、
それはそれで充分に魅力的ではあるのですが、
暴力的な制御不能な怒濤のハイパワースペックでは、
本質的な面白さは恒常的な問題で我慢に切り替わります。
アクセルを戻すように常に意識させていなくてはなりません。
逆にアクセルを思い切り踏み込んでカムが適度に踏み側で廻る具合が、
これまた頑張っている感じが楽しめて、なんとも適度に丁度良いのです!


適度なクラシカルさ加減と頑張って走らせる醍醐味は、
これまた何とも云えない大きな魅力なので御座います!
AMGを所有しているという内的な満足感が味わえる
これまた不思議な気持ち良さなので御座います!


Toshifumi  Kako  




bf286e7b








c0359274_11310517










20660f6f







5cb89397








EZFvZUa









c0359274_22182265











AMG E320T-3,6DSC_0738








6666666_DSC0974











6666666_DSC0137









6666666_DSC0963










6666666_DSC0971









6666666_DSC0086











6666666_DSC0060









6666666_DSC0040








555555_DSC0067








14068225_636615453165213_6388099187184796793_n









RS=^ADBDoRIdiXUQjrbUP_6hIdZYrqZwO0-








AFF1   RECARO  _DSC0069











AFF1   RECARO  _DSC0915








AFF1   RECARO  _DSC0878









AFF1  RECARO S0708751








AFF1   RECARO  _DSC0891










AFF1   RECARO  _DSC0808








E420-5,0   _DSC0231










E420-5,0 _DSC0198








29fea701









13041375_1172864679413315_8675113775830164876_o



Auto Fashion Factory Co., Ltd.
株式会社オートファッションファクトリー


AFF1 Spots Classic Yokohama 
 
株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
AM:12:00~PM:21:00


木曜日 定休日



Auto Fashion Factory Co., Ltd.

AFF3  Mechanical  Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
AM:12:00~PM:20:00

木曜日  日曜日 祝日 定休日





13029445_1172864686079981_7002234793048547958_o









WDB:124036 M119974 500
アクセスカウンター
500 Latest article Gallery Photo
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
  • 小坂谷さんのE500 AMG E60仕様 インテリアカスタム進行中! 2018  07  18
Toshifumi Kako 1966

Verygood124

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文